コンタクトレンズの場合
空気中に飛んでいる花粉が付着して
アレルギー症状を強くすることがあります。
レーシックならもっとラクになりますよ!

花粉症 × コンタクトレンズは最悪の組み合わせ

寒い冬がやっと終わりを迎えつつある頃、人によっては1年で最悪の季節がやってきます。

そうです!花粉症の季節です・・・。

あの地獄のような目や鼻、のど、耳のかゆみ、鼻水、くしゃみ・・・。まさに、最悪のアレルギー症状です。

しかも、2008年の段階で日本人の4人に1人が花粉症になっていると言われているので、相当の数の日本人が苦しんでいることになります。

特につらい思いをしているのは、コンタクトレンズをしている人でしょう。

コンタクトをしていると、目がかゆくてもかくことができません。

最悪の場合、空気中に飛んでいる花粉がコンタクトレンズに付着して、アレルギー症状を強くすることにもなりかねません。

そのため、花粉症対策としてコンタクトレンズからレーシックに切り替える人が増加しています。

この後、一生涯かかるコンタクトレンズ代やメガネ代を考えると、レーシックの方が安く済むということも、レーシック手術で視力回復することを後押しする要因ともなっているようです。

レーシック手術はすでにかなり成熟しており、価格も下がるところで下がってきたので、早くやればやるほどコンタクトレンズ代を節約できるので金銭的にはお得になります。

コンタクトレンズのマイナス点

先述しましたが、花粉症の季節にコンタクトレンズをしていると、空気中に飛散している花粉がレンズに付き、かえってアレルギー症状を悪化させることがあります。

また、コンタクトレンズの上から目をこすることによる刺激も目によくありません。

そして、手(指)は体の中でも一番汚れている場所と言われています。そんな手(指)でかゆみに我慢できずに目をこすれば、さらに目のかゆみが悪化しますし、充血の原因にもなります。

レーシックにすることで、コンタクトレンズ特有の目のゴロゴロも気にならない生活を送れますよ。

メガネのマイナス点

花粉症の季節はコンタクトレンズ利用者もメガネのみを利用する人もいます。

しかし、メガネにすればいいかというと、そういうわけではないのです。

なぜなら、メガネのフレームに花粉がたまり、知らず知らずのうちに花粉が目に入るということがあるからです。

このように、コンタクトレンズにもメガネにも花粉症をさらに悪化させる要因があるので、花粉症対策としてレーシック手術で視力回復する人が増加しているのです。

レーシック手術はスポーツをしている人に得にオススメです!

レーシックは得にスポーツをやっている人に人気です。

ゴルフ、サーフィン、マリンスポーツ、スキー、スノーボード、サッカー、野球、格闘技、ダンスなどなど。

眼鏡やコンタクトレンズから解放されることで、パフォーマンスがアップするだけでなく、日頃のストレスからも解放されます。

視力は基本的に25歳以降はそれほど落ちないと言われています。

もし、アナタがすでに25歳以上なら、できるだけ早くレーシックで視力回復することによって、今後かかるコンタクトレンズ代と眼鏡代が節約できますよ!

おすすめサイト